〒941-0021 新潟県糸魚川市東海1279-1 
tel:025-555-3633 fax:025-555-2211 
おいしいご飯の炊き方
(一度お試しください。)
計量
(1)計量
おいしく炊くには、炊飯器の容量の3/4程度のお米の量がよいでしょう。
お米は、きちんと計りましょう。






recipe_001.gif(6041 byte)
(2)洗米
手早く洗い、水気をよくきることがヌカ臭いご飯とさよならできる秘訣です。
洗米は、お米のまわりについている汚れやヌカを落とす事が目的です。
まず最初にたっぷりの水で手早く、軽く混ぜ、すぐに水を捨てます。2回繰り返します。
次に手のひらのつけ根を使い、押すようにして、2・3回水を変えて洗います。(そんなに力を入れて洗う必要はありません。)
最後にザルにあげて、水気をしっかりきります。

recipe_002.gif(6214 byte)
(3)水加減
水加減でご飯のおいしさが、かなり左右されます。
それぞれのご家庭のお好みがありますが、気持ち控えめにしますと、噛みしめた時にお米の味がよくわかります。
お好みに合わせ、水の量を調整して下さい。(新米の時期は、お米の水分値が高めですので、水の量は控えてください。)



recipe_003.gif(7571 byte)
(4)浸水
水に浸しておく時間は、夏場は30分位、冬は2時間位が目安です。
急いで炊きたい場合は、40℃〜50℃のぬるま湯に15分〜20分浸してから炊いて下さい。





recipe_004.gif(7702 byte)
(5)蒸らし
ご飯が炊き上がったら蒸らします。蒸らすことでご飯の芯の部分まで水分が均一になります。
蒸らし機能のない炊飯器の場合は、スイッチが切れたら、ふたを開けずにそのまま10分〜15分置いて下さい。





recipe_006.gif(5041 byte)
(6)ほぐす
蒸らした後は、ご飯粒をつぶさないようにできるだけ早くご飯をほぐしましょう。余分な水分が逃げて、ふっくらおいしいご飯が炊き上がります。






【 おいしいご飯の炊き方|笹寿司の作り方けんさい飯の作り方 】